ピアノの練習量 - ピアノ 楽譜の読めない人の上達法



⇒30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!
 海野先生が教える初心者向け ピアノ講座 ピアノレッスン


ピアノの練習量

2012-04-17 07:21   ピアノ 楽譜

ピアノが弾けることにあこがれる人も多いようですね。
どれだけ練習すれば弾けるようになるのでしょうか。
ピアノの曲には、ランクがあります。

当然、高くなればなるほど、
必要なピアノの練習量も多くなります。
練習量の目安がありますね。

それによると、初級ランクの楽譜で1時間の練習。
中級ランクの楽譜で2時間の練習。
上級ランクの楽譜で3時間の練習。

とされています。
練習量がこの目安時間を下回る場合は、
上達が望めないようですね。

しかし毎日これだけの練習時間を確保することは難しいですね。
練習量が少ない分、練習効率を上げる必要が出てきます。
そして大切なことがあります。

それは、レッスンを受けたらその日のうちに家で復習したいものです。
これは、当たり前のことのようですね。
ただ、なかなかできない人も多いのです。

しかし家で練習するときに問題があります。
家で本物のピアノを使って練習しようと思うと、問題があります。
近所への迷惑になるため好きな時間に練習を思いっきりできないのですね。

例えば仕事から帰ってきて夜に練習したくても、
近所のことを考えるとそれは難しくなります。
ピアノの上達を阻む原因となります。

一つ、方法があります。
それは電子ピアノをりようすることです。
電子ピアノならば、ヘッドホンを使うことができます。

それで、好きな時間に練習することができます。
実際家にピアノがある人でも昼間はピアノ、
夜は電子ピアノを使って練習する人がいるようです。

しかし音色はもちろんのこと、
キータッチや微妙な表現やペダルの具合などに違いがあります。

電子ピアノは、ピアノ通りに弾くことはできないようです。
電子ピアノを使うときには、
音量を小さくしないで大きくします。

そして本物のピアノに少しでも近い音で練習するようにしてください。
タッチ調整ができるタイプのものがありますね。

使い方次第で、電子ピアノでもピアノに近い形で練習することができるのです。
それならば、「一番軽く」しておいた方がピアノに近い状態で弾くことができます。


タグ:ピアノ
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

⇒30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!
 海野先生が教える初心者向け ピアノ講座 ピアノレッスン
広告スペース