ピアノの一番効率的練習方法 - ピアノ 楽譜の読めない人の上達法



⇒30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!
 海野先生が教える初心者向け ピアノ講座 ピアノレッスン


ピアノの一番効率的練習方法

2013-04-11 07:21   練習

音符の読み方をピアノのレッスンを受けた
最初の頃に教わっていませんんか。

しかし多くの人が楽譜にある音符を見て
ドレミから数えて音符を読んでいるでしょうね。

その後もあまり音符が読めないまま曲の練習が
進んでいるひとも多いことでしょう。
練習では手元を見ずに楽譜を見るように指摘されています。

それで曲の練習ばかりしてきたと思います。
しかし音符の勉強をしていないのですね。
これなら数年経っても音符は読めずにいるままです。

音の記憶だけで指が鍵盤を探していたと思います。
これでは上達が遅くなってしまいます。
ピアノが速く上達するポイントがありますね。

それは練習の半分だけを曲の練習にします。
残りの半分は音符とリズムの勉強にあてることです。
音符とリズムの勉強を曲の練習と並行するわけです。

それだけで驚くほどピアノの上達が早くなります。
だからと言って練習量を2倍にしなくても良いのです。
今までの練習量と同じままで良いのです。

そのうちの半分を曲の練習、
残りの半分を音符とリズムの勉強に割り当てます。
曲の練習時間が短くなってしまいますね。

しかし、この方法が一番効率的なピアノ練習方法です。
今までのやり方では曲を覚えるのにも時間がかかりました。
ミスも多くなっていたと思います。

しかし練習半分、勉強半分にすることで無駄な時間がなくなります。
それだけ効率的に練習できるようになります。
そのため今までは1曲の課題を1週間かけて仕上げていたようです。

しかし、半分の期間でできるようになります。
練習時間は変わらないのですよ。

効果は今までの2倍になるというわけです。
今までの練習方法を見直してみましょう。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

⇒30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!
 海野先生が教える初心者向け ピアノ講座 ピアノレッスン
広告スペース